original.

現実社会でも仕事に役立つ技術!相手にリーチするには言葉に気をつけるべし。

Posted on Posted in コンテンツマネジメント, トラブル, ビジネスモデル, ブログ

仕事の多くは他者との協働やコミュニケーションを必要とする。

ところが、そこにストレスをいだくことになり、仕事が楽しくないこともある。

webコンテンツの制作と消費も、製作者と消費者のコミュニケーションのあり方の一つとあたくしは考えトリャス。

当然、意図した通りにうまく伝わらなくて、それがストレスになることも多々有る。

original.

この問題の解決には、何が必要?

それは、自分の発信する言葉を相手の言葉に変換すること。

相手に「すっと染み入る」言葉が使えるかどうかがポイントなのだ。

 

一番は、相手が日常使う言葉。

内的な言語だったり、他の人とのコミュニケーションのときに使うような、喋り言葉だったり。

そういう言葉は、相手に聞き入れてもらいやすい。

 

あと、一見正反対のようだけれども、自分自身の生のことば、いわゆる本音の部分も話の内容によっては有効だったりする。

たとえば、相手と自分がウィンウィンの関係になるような、そういう状況に相手を説得したい場合なんかはまさにそんな感じ。

そこに自分自身の熱い思いが加わればなおよし。

 

こんなことを書くのもどうかと思うが、ウェブに積極的に参加する人多くは、現実世界で吐き出せない自分の思いへの共感を求めているような気がしてならないのだ。

そのあたりにも、配慮ができるときっと素敵なコンテンツができるのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です