1484c67acb674197be27d73f13de725c_w

収益を目的としたサイトの更新を毎日継続するために工夫するべきたったひとつのこと

Posted on Posted in コンテンツマネジメント

その答えは、東大生の受験勉強の方法にある。

モチベーションを保つため、目標をすごく細かいハードルで切っていくべきである。

ウェブサイトが金銭収入になるまでには、よほどの運か実力がない限り、かなり多くの時間を必要とする。

あるサイトが1000円程度の収益が得られるようになるまでには、おおよそ3ヶ月程度の時間がかかる。

それを考えると、結果を早く出さなければならないと考えるのはいかがなものかと思う。

1484c67acb674197be27d73f13de725c_w

もしも、結果を急いでしまえばモチベーションは急激に低下してしまうのだから。

それを防ぐためには、どうしたら良いだろうか?

高いところに登るには、小さな段差をいくつもつけて、階段を作ってやれば良い。

 

つまり、難なく達成できるハードルを自分でいくつも設定することには非常に大きな意味がある。

それを、いくつも乗り越えるうちに、知らずのうちに高いところまで登れるようになる。

 

また、もし、ハードルが細かすぎて面白くなくなったら、そのハードルを少しずつ上げていけば良いのだ。

具体例で考えてみる。

 

たとえば、毎日サイトを更新するという目標を立てたとしよう。

毎日コンテンツを更新し続けるのがSEO的には重要であり、更新をきちんと行っているサイトは検索順位が高まる傾向にある。

そういう理屈は分かっていても、これがなかなかできない。

なぜならば、最終的なインセンティブであるところの収益がすぐに上がるわけではないからだ。

そういう状態が長く続くと、どうなるかというと「なんのために自分の貴重な時間を犠牲にしてるんだろう」という思いが去来する。

やる気がなくなってしまうのである。

その結果、継続ができなくなるのは自明の理であろう。

見方を変えると、これは「継続すれば本来見込めた収益」が自分の手元には入ってこなくなるということを意味する。

それは損失である。

 

そうならないためには、例えば「毎日5分間でどれだけ質の高い文章を書けるかを目指す」という目標を立て、「5分間頑張って文章を書けたらよしとしよう」という一見余裕と思えるようなハードルを設定するのである。

やってみればわかるが、1日5分でもそのために時間が使えるというのは実はすごいことだ。

以外と忘れるし、習慣化するまでたった5分の時間を捻出するのに苦労することだろう。

 

非常に小さいと思えるハードルであったとしても、実際にできたとしたらちょっとした達成感が、そこにはある。

この達成感の積み重ねは、モチベーションの維持向上につながる。

それは、最終的な収益を上げるという大きな目標に向かっていくものである。

 

こんなことを誰かが言っていた。

「旅とは、目的地そのものにだけに意味があるものではない。

旅の道中は、できる限り楽しめるものにするべきである。」

と。

 

修行をするのであれば別だが、サイト更新は自分のメリットのために行うことである。

できれば楽しくやりたいものだね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です