sitecreate

これからのネットビジネスの広報は検索エンジン以外のもので勝負するべし

Posted on Posted in SNS, コンテンツマネジメント

情報は、リアル(現実)に結びつく情報ほど価値が高い。
その情報によって、状況・結果が左右されるときにはより一層価値が高まる。
もし、そういう情報が手元にあって、買い手が容易に見つかるのであれば、ネットビジネスはたやすい。
買い手にメールでも送って情報を提供する見返りとして、指定の銀行口座にお金を振り込ませればよい。
ところが、いくら自分が価値のある情報をもっていたとしてもこの買い手を見つけるのが難しい。

インターネットの世界では、買い手である消費者をこちらから探すことは難しく、買い手に売り手である自分のコンテンツを見つけてもらう必要がある。
(この部分をちょろっと変えるようなネットビジネスが構築できれば、それは新しいプラットフォームとして非常に大きな可能性を秘めていると個人的には思っているが、面倒なのでやらない。アイディア料もとらないので根性のある人は是非トライしてもらいたい。)
その有力なツールとなっているのがGoogleはじめとした検索エンジンである。
実際、自分が運営するとあるサイトの流入者をチェックすると、割と本気で検索エンジンからの流入が8割以上となっている。
自分なりに頑張ってSNSなども積極的に利用しているつもりであるにもかかわらずである。
しかし、それではサイトがある程度有名にならないとまとまった数の流入者を期待するのは無理である。
sitecreate
だからと言って、優れたコンテンツが手元にあって、売り手さえ見つかれば絶対に相手が喜んでくれるという状況で、有名になるまで地道にサイト運営するのははっきり言って時間の無駄である。
ではどうするか?
それは、口コミを利用するのである。
たとえば、有名なブロガーなどに情報を教える見返りとして、その情報の有用性を宣伝してもらうのである。
そうすれば、そのブロガーのブログを読んだ潜在的な買い手はその情報に興味を持って、サイトのリンクを辿ってくるに違いない。
それが面倒であればSNSを積極的に利用する。
そうすることによって、実際に相手を目の前にすることなく、営業活動を行うことができる。
もちろん、実際に顔をあわせることがないがゆえの工夫はしなければならないが、その手間を埋め合わせて余りあるメリットが存在すると考える。
そうこうして、評判が広まれば、今度は自動的に検索エンジンにインデックスされてさらに利用者が増えて行くはずである。
ここまできたら、あとは、アフターサービスに精を出しておくだけで、十分にコンテンツを販売した利益で生活ができるはずである。
では、もしも、あなたのコンテンツに買い手がつくかどうか不確定な時はどうするか?
それは品質が不十分ということなので、商品の作り直しをするべきなのだ。なぜなら、口コミで広がるような商品には絶対的なクオリティが必要不可欠なのだから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です