これからのネットビジネスの表現を考える上で大切な事

Posted on Posted in コンテンツマネジメント

インターネットには膨大なコンテンツがある。
そして、それらコンテンツの最終的な消費者は、機械でなくて人間である(ことが多い)。
それをふまえると、消費者目線を大切にするべきビジネスで人間の「情報処理のクセ」のようなものをしっかり踏まえておくということの重要さは言うまでもないよね。

人間には感情や、感じ方の偏り、思考パターン、思い込みなどがある。
正しいだけでなく、そのパターンによりそうことができるコンテンツこそがこれらの時代に求められる良質なコンテンツと言える。
249505_photo1
良質なコンテンツを書くためのポイントは数えるほどしかない。
そのうちの一つは文章の硬軟だと思う。
硬い文書と、くだけた文章を使い分けることができる人は幸いである。
なぜなら、ネットで必要とされる文章表現のポイントを押さえているといえるからである。
硬い文章とは、フォーマルな文章であり、他者への敬意や礼節をわきまえた文章である。
尊敬の思いを形にし、自分自信を謙虚に見つめることにもつながる。
目の前の相手が見えないネットにおいては信頼感を生み出す源となり、自分のコンテンツの信頼性をより高める効果が期待できる。
くだけた文章は親しみを表現する。
私はあなたと遠い存在ではありませんよ。実は身近な存在なんですよと相手に語りかけることができる。
相手の顔が見えにくいネットのコンテンツはともすると、どんなに正しい内容が書いてあったとしても受け入れられない。
しかし、そのコンテンツに親しみが持てたなら、あるいは共感の気持ちが湧いたなら、読み手は自分のコンテンツを効率良く消化してより高い結果を残すことにつながる可能性が高くなる。
この二つのどちらも大切であり、それらを織り交ぜることで緊張と弛緩の緩急が生まれる。この緩急は笑いを生む。
そうすれば、役に立つだけでなく面白いという最強のコンテンツが出来上がる。
人の心を虜にできる文章が書ける人間なんて数えるほどしかいないが、そういう人たちの書いた文章を小説などで読んで表現をパクるのも悪くない。
まるパクリは無論犯罪であるが、習うより盗めであるし、自分なりの工夫が多分に加わればよっぽど鋭い人でなければ見抜くことはできない。
というわけで自分なりに、いろいろな表現に出会って手を出してみてものにしていくのが、稼げる表現を書くためのポイントだと思います。
そんじゃ〜ね。(リスペクト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です